地上デジタル放送について

地デ時LIFE
デジタル化およびアナログ波停波に関する問題

地上デジタルテレビジョン放送は、地上アナログテレビジョン放送にも使われているUHF帯の一部を用いての放送となる。デジタル放送開始のために使用できる送信周波数帯(送信チャンネル)を確保するため、一部の地域ではデジタル放送と同一チャンネルとなるアナログ中継放送局のチャンネル(周波数)を変更する事となった。このための費用のうち、各家庭用の受信設備の対策に係るもの、および地方局の送信設備の対策に係るものは主に携帯電話利用の対価として国が徴収した電波利用料を財源に支出し変更工事を行った。TV電波の変更工事に、繁栄を続けるTV放送業界の金ではなく携帯電話利用者からの金を流用することへの反発があったが、結局、総務省は電波利用料という特別会計からの支出によってすべての変更工事を行い2007年3月に完了した。

この様なアナログ放送チャンネルの変更・移動を、一般に「アナアナ変換」(アナログ-アナログ変換を短縮したもの、別名「アナ変」)と呼んでいる。
このアナアナ変換の実施は、地上デジタル放送開始時点には終了している事が望ましかった。影響を受ける地域の視聴者を個々に回る必要から、作業そのものに時間が掛かったり、変更したチャンネルが別の地域に影響を及ぼすため、相互に地域のアナアナ変換をすすめなくてはならないことなどで、先行して放送開始した三大都市圏をふくめ、放送開始時点で対象の全戸の変更が未完了や、完了不可能な地域があった。そのため、暫定的に既存のUHFアナログ放送の視聴に混信妨害を与えないように放送アンテナの指向性・送信出力を制限していたため、局によってはアナアナ変換完了までの一時期、デジタル放送の受信可能範囲が著しく制限された。

「アナログ放送」
に関連するツイート
Twitter

2011年7月24日、地上アナログ放送は終了し、地上デジタル放送に完全移行します。これに伴い、現在ご覧のテレビ・アンテナはご利用できなくなる場合がございます。また、停波直前は注文が殺到し間に合わなくなるということも考えられますのでなるべく早い対応を!

お題: 500年後の未来で、「不吉なことの前触れ」として扱われている出来事を教えてください。 A: アナログ放送を受信する (うんこマン 2豆)

【テレビ受信機とテレビ放送】BSアナログ放送には110度CSデジタルと異なる周波数帯域を使用している。そのため、110度CSデジタル放送を受信するにはアンテナ以外のブースター・分配器・ケーブルなどもその周波数帯域に対応したものに切り替える。

懐かしいPCモニタ。TVも見れてしまう📺NEC PC-TV453N もう修理してもアナログ放送は見られないけれどw 当時13万もしてたのか…。3モードでコネクタ形式もめちゃくちゃ豊富。

アナログ放送懐かしすぎる

pickup

最終更新日:2016/12/8